すっぽん小町で太る事ってある?

すっぽん小町を飲んだけど痩せられないよーって書いてある口コミを見た事があります。
そもそも、痩せる効果があるなんて目にしていない気もするので驚きました。
さらに驚くのは、すっぽん小町のせいで太ったという口コミ。
果たして、すっぽん小町で太る事ってあるんでしょうか。
論理的に原因を探してみたいと思います。

すっぽん小町の成分で太る可能性はどのくらいある?

”原材料: スッポン粉末/EPA含有精製魚油、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、ビタミンE”
出典:ていねい通販ホームページ

すっぽん小町に含まれる原材料は上記の通りですが、太る最大の原因である脂質の過剰摂取になりそうなものはありません。(脂質は多少はありますが、ほんの9.6グラムです。1日の必要量が55~60グラムと考えると、わずかです)
一日2粒で、これらすべてが入ってたったの4キロカロリー!なのです。
エネルギーの面から行くと、1か月2粒飲み続けた所で、62粒×4キロカロリー=248キロカロリーしか摂取できないのです。
ケーキ一個分にも満たないくらい?
しかも日々、エネルギーは消費されていきます。
どうやったって太る事はできなさそうですよね。

なぜ痩せられるという噂になったのか?

想像の域を出ませんが、そもそも、販売元の宣伝の中には、ダイエットの効果あり!とは一言も書かれていません。
ではなぜダイエット効果もあると思っている人がいるのかというと、おそらく、すっぽん小町の効果の一つである、疲労回復効果や成長ホルモンを活性化させる効果などから、痩せやすい体質の体に変化し、日々の運動なども加わって痩せる事ができた人が、口コミやレビューで「痩せた!」と書いた事から派生したのではないでしょうか。

太ってしまった原因として考えられるのは?

太ったと言っている事に関しては、いくつかの可能性があります。

コラーゲンや栄養素の効果

すっぽん小町には、20種類ものアミノ酸が含まれています。
そのアミノ酸は、体の中で再合成され、皮膚や筋膜、骨など様々な物へ変化していきます。
コラーゲン(=タンパク質)になるのに必要なアミノ酸成分が多いことから、タンパク質が増えると筋肉量が増える事もあります。
摂取したもの自体は少なくても、体内で再合成したあと、痩せやすい体になるものの、その前段階で重たい筋肉が増えたために体重が一時的に増えたのではないでしょうか。

コラーゲンを摂取した時のイメージ

コラーゲン(=ゼラチン)のぷるぷるした見た目のイメージからか、コラーゲン=脂だと思われている方が、意外と多いようです。
ですが、コラーゲンは脂ではありません。
タンパク質です。

また、タンパク質が脂質に変化すると誤って覚えている人も結構いらっしゃるようです。
使わなくなった筋肉が脂肪に変わるんだ、と間違った情報を信じてしまい、転じて、過剰に摂取したタンパク質が脂に変わると思い込んでいるのです。

これらの思い込みから、実は他の食生活などの原因で太ったにもかかわらず、すっぽん小町のコラーゲンを摂取したせいで太ったと思っている可能性があります。

結論

すっぽん小町の成分から考えると、摂取したことにより太る可能性はないと思われます。
ただ、すっぽん小町の効果から、一時的に筋肉量が増えたり、普段の食事量が増えたりする事によって太る可能性はあると思われます。

 

「すっぽん小町」の詳しい解説ページはこちら