すっぽん小町の副作用ってある?ない?

すっぽん小町は、すっぽんを丸ごと使用した栄養豊富なサプリメントですが、副作用ってあるのでしょうか。
期待できる効能との関係、副作用ってそもそもどういうものかも詳しくご紹介してみましょう。

副作用とは

”その薬が目的の病気を治すと同時に起こす、別の(有害な)働き。”
出典:見坊豪紀・ほか編(1986)『新明解国語辞典』第三版、三省堂.

とあるとおり、副作用とは、本来、「薬」が医療目的を果たす時に目的以外の働きをするすべての事を指しています。

しかし、近年では、どちらかというと有害な働きの部分を意味して使われる事が多くなり、一般的にも、「これって副作用ありますか?」と聞くときは、大抵「何か悪いことが起きませんか?」と聞いているのと同意になると思われます。

すっぽん小町には副作用があることになるの?ないってことなの?

上述した通り、副作用を、「薬」が「治す」目的以外の作用、しかもどちらかというと悪い作用を及ぼす事と定義するなら、そもそも薬ではなく、「栄養補助食品」という食べ物に分類されるサプリメントには、副作用はない、という事になります。

だからこそ、すっぽん小町も、副作用はないため、安心して飲めると認知されているのです。

口コミで副作用があるって書いている人があるのはなぜ?

おそらく、「副作用がある」と書かれている人にとっては、「副作用=悪い作用があること」という定義認識があるのだと思われます。

ややこしいので、こちらでは副作用ではなく、「マイナス症状」と呼ばせていただきたいのですが、ある程度悪い条件が重なると、マイナス症状が出てくる可能性はあります。

まず、すっぽん小町の代表的な良い効果としては、美肌効果、疲労回復などですが、それらの効果以外で悪い作用があるとしたら、体質に合わない事、または過剰摂取によるアレルギーや腹痛、肌荒れなどが挙げられます。

すっぽん小町では、すっぽんを丸ごと使用して加工されているので、甲殻アレルギーがある方は、少し慎重に医者と相談しながら少しずつ試してみると良いと思われます。

よく聞くマイナス症状としては、ニキビなどの肌荒れ、じんましん、眠くなる、眠れなくなる、などです。
コラーゲンの元になるアミノ酸含有量が多いことから、まれに、コラーゲンに対するアレルギーのある方もいらっしゃるようです。
また、適切な量である1日2粒までをきっちり守っていないとトラブルが発生する可能性があるのですが、意外と落とし穴になっているのが、他のサプリメント類も同時摂取しており、栄養素が過剰に摂取された状態になっている可能性もあるという事です。

眠くなる、眠れなくなるという部分では、自律神経系への作用によるものだと思います。
人の生活リズムによっては、困った症状にもなりますが、良い症状にもなり得るため、マイナス症状と確定する事はできません。

マイナス症状もある事を知ったうえで自分に合った飲み方をしよう

割合としては少なく稀なのですが、可能性としては0ではないので、じんましんなど、アレルギーによる症状が出た場合は、すぐに飲むのをやめて医者に相談しましょう。
それ以前に、自分にアレルギーがあるのかないのか、すっぽん小町の成分で該当しそうなものがあるのかは、ちゃんと調べてから飲むようにしましょう。
そして、適切な量を自分の生活リズムに合った時間帯に飲む事で、より良い効果を得られ、悪い作用を受けないように工夫し、上手に飲むようにしたいものですね。

 

「すっぽん小町」の詳しい解説ページはこちら